弱いものいじめをしている子どもは、親子関係のストレスが原因。子どもは親のシャドウを世間にさらす存在

先日は学校で子どもの個人面談でした。 弱いものいじめをされていることを話すと、担任から意外な反応がありました。担任は子どものことをほとんど何も見ていない存在なのだと改めて認識しました。今回のことから、弱いものいじめをしている子どもとその子の親子関係なども見えてきましたのでご紹介します。