読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

AWASTYLE

和を楽しむ。私が心地よい暮らしを追求する

文章作成をパソコン意外でやるなら、ポメラが断然オススメ。

ライフハック

スポンサードリンク

文章作成したいだけなのに、パソコンで余計なストレスに陥っていませんか?
 
立ち上がりが遅い、
余計なソフトが邪魔する、
メールやアプリが突然起動するので集中を妨げる

など、パソコンは便利で機能的なゆえに生じる不便さもあるものです。

特に私の場合は、集中力が途切れるとネットサーフィンやメールを見てしまう癖があり、ダラダラと時間を過ごし、文章がなかなか完成しないという悩みを抱えていました。

そんな私の元に数年前に現れたのが「ポメラ」というテキスト入力に特化したツール。
 

 

ポメラとは?

ポメラ」とは簡単に言ってしまえば、一昔も二昔も前に一斉を風靡した「ワープロ」のようなものです。
 
というか、「ワープロ」そのものです。

ただ、ワープロと違うのは、サイズと重さがコンパクトになり、持ち運びに便利になりました。
 
下記画像の上にある黒いのがポメラ本体。下にあるのは6インチのスマホです。
 

f:id:mayusachi:20161026112559j:image

 
いつでもどこでも文章を書きたいときにぱっと「ポメラ」を取り出し、蓋を開ければ入力がすぐにできます。

この入力までに「待ち」が無いのは文字入力のストレスを軽減してくれます。

また、無駄な情報を受信しないので文章を書いている途中で余計な邪魔が入りません。

この不便な機能(?)のおかげで、文章作成だけに没頭できて集中力が続かない悩みを解消してくれました。

ポメラがパソコンよりも文章作成に適している理由


ポメラ」はワープロであり、ワープロは文章作成のために作られた道具なので、文章作成するならポメラでしょうというくらいの文章作成を助けるために登場したようなもの。

私のようなこれまで200字書けばネットサーフィンしていたような人間でも、「ポメラ」のおかげで1万文字でも集中して書けるようになりました。

2000文字くらいなら1時間もかかりません。
 

f:id:mayusachi:20161026110956j:image


ノートに鉛筆がペンで書く感覚とほぼ同等の感覚で書けるので考えながら書くことができるのです。

ポメラはただのワープロではない


ポメラ」は発売以来、何度かバージョンアップしてきました。

最初は、折り畳み式のコンパクトなものでした。
 

それから何回かバージョンアップして、私が使っているのは最近までは最新式のものでした。
 

このポメラは、ブルートゥーススマホタブレットとつながるので、ポメラに保存してスマホまたはタブレットとつなぎ、Evernoteやグーグルドキュメントに保存できます。
 

f:id:mayusachi:20161026111052j:image

 
Evernoteやグーグルドキュメントはパソコンとも連動していますから、パソコンにしかできな作業(見出しをつけたり、画像を加工したり)はパソコンで行います。

最近のバージョンはもうポメラワープロとは言わせないほど進化したものになりました。

スマホタブレットやパソコンと無線で連動できるというのは、ワープロにはありませんでしたから。

ポメラが私に与えてくれた恩恵


ポメラ」のおかげで文章書くのが嫌いで苦手でしたが、好きになりました。そしてストレス無く、まるでピアノを弾くように「ポメラ」のキーボードを叩くいています。(ピアノ弾けませんが汗)

私の文字から音が流れてくるような錯覚になります。

読み返して誤字脱字だらけだったり、言葉の使い方がおかしかったりしますが、それは私の至らないところ。

ポメラ」は私にストレス無く文章を作成する力と、言葉が音符という感覚を目覚めさせてくれ、まるでピアニストのような感性を呼び覚ましてくれました。

ありがとう、「ポメラ」。

その「ポメラ」ですが、先日最新のものが発売になったのです。
 



これは欲しい、文句なしに欲しい、買いだと思っているのですが、価格が高い。。。

いや、この価格以上のお得感があるのは分かっています。

だけど、持ち合わせがありません。

ポメラ貯金をボチボチ始めて、来年には手に入れたいなと画策中。

来年の目標は決まりました。新型ポメラの導入です。

新しいグランドピアノがわが家にやってくるつもりで、ポメラ貯金をコツコツ頑張ります♪

 

 

それどこ大賞「買い物」
それどこ大賞「買い物」バナー

ポメラとは編集