AWASTYLE

和を楽しむ。私が心地よい暮らしを追求する

速読は潜在意識を活性化させ、運命を変える

スポンサードリンク

速読ってやったことありますか?

本を読むというより、ビジュアルで捉えるフォトリーディングが主流ですが、この方法を使えば一日に10冊の本を読むことも可能だし、一冊の本を5分で読むこともできます。

私は速読が流行る前にある速読教室に通っていました。
 
その教室はビジュアルを使うのではなく、潜在意識を使った方法で速読を行っていました。

その教室に通うことで私は自分でも本当に驚くべき現実の変化を体験しました。
 
その驚くべき変化とは?

 

速読教室でやったこと



私が通った速読教室は、東京文京区にありました。

会社帰りにその教室に足繁く通い、速読の術を学んでいました。

私が直接教わった先生は、昼間はお医者さんとして病院に勤務していました。

その先生の教える速読のメソッドはちょっと変わっていて、速読しながら健康にもなれるというものでした。

具体的には、指回し体操という先生の考えた指だけの体操方法があるのですが、この指回し体操を行うことで肩こりや頭痛が解消される他、ぼけ防止にもなるということで一時ブームにもなりました。

単純な運動なのですが結構難しく、練習しなければうまくいきません。

しかし、指回し体操が上達するに連れて、速読も上達するようになっていくという不思議な体操でした。

速読の前には何度も指回し体操をして速読をマスターしていきました。

速読教室で速読できるようになったのか?



その速読教室は、もう一つ独特のやり方がありました。

それは、潜在意識を使って速読すると言うもの。顕在意識で文字を捉え、潜在意識で俯瞰してページの内容を把握していくというやり方でした。

この方法もやればやるほど潜在意識で情報を掴むという感覚が磨かれて行きました。

これまで本をガリガリ読んでいた感覚でしたが潜在意識を使った読書は情報が空気を吸うようにスウッと自然に入ってきました。
 
著者の呼吸をつかんでその著者の頭のなかにかいっていく感じです。

とても不思議な感覚でした。

難しい言葉がたくさん出てくるような本は簡単に読めませんでしたが、簡単な言葉を使った本はおもしろいようにどんどん読めるようになっていました。

潜在意識を使った速読で私に起きた変化



潜在意識を使った読書を毎日繰り返すようになって半年くらいして私の環境ががらりと変わりました。

大金が入ったとかではないですよ。

導かれるように人生が好転していったのです。

今振り返ってみてもとても不思議な体験です。
 
具体的にどう変わったのかを伝えるとかえって胡散臭いと思われるような出来事が続きました。
 
「なぜあの時?」「なぜその場所で?」というような瞬間で人生を変えてくれるような出会いがどんどんやってきたのです。

あの出会いがなかったら、私はずっとマイナスの力に引っ張られてどん底の人生を味わっていたかもしれません。

そこから救い出せて、更に未来が良くなる方向に導かれたのですから本当に人生って小説以上に面白いです。


速読で人生が変わった理由



今振り返れば、速読が人生を変えたのではなく、潜在意識を活性化することで、自分の人生が動いたのだと理解できます。

潜在意識は、誰もが持つ眠っている力。この力を目覚めさせて活用できれば人生は面白いように変わります。

一流のビジネスマンやスポーツ選手、芸術家など神業的な仕事をしている人たちは例外なく潜在意識の力を利用しています。

ぱっとしないような人生を送っていても本当に変わりますからびっくりしますよ!

潜在意識をお試しになりたい方はこちらから「潜在意識に興味あります」と書いてお問い合わせくださいね♪