AWASTYLE

和を楽しむ。私が心地よい暮らしを追求する

初詣、おすすの神社とは?パワースポットには注意せよ!

スポンサードリンク

「一年の祈願をするなら、ご利益のある神社が良いわ」

有名どころの神社ともなれば、お正月は初詣客でごった返しています。

私も以前、初詣に早起きして、明治神宮浅草寺成田山などと参り、皇居の一般参賀にまで足を運んだことがあります。

しかし、最近はそういったパワースポットがらみの神社にはほとど行きません。

なぜなら・・・

 

初詣のおすすめ神社に注意しよう!



パワースポットと呼ばれるような有名どころの神社は、特にお正月の間は日頃の数百倍もの参拝客が訪れてニュースにもなっています。

しかし、そういった人が多く集まる時はできれば行かない方が良いのです。

その理由は、人の念や邪気が集中しているからです。

参拝客の多くは、恋愛成就、一攫千金、病気回復、受験合格など我欲を満たすため「神頼み」しに来ています。

神様と言えども、一度に数百万人の一人一人の願いに対応するのは不可能ですし、そもそも神様は人の願望を叶えるためにあるのではないのです。

神社はなぜあるのか?



日本中、たくさんの神社がありますが、それらの神社は有史以前からあるようです。

そして、いつからあるのか分からない神社がほとんど。

こららの神社は、その土地を開拓した人を祭ったのが起こりとか、いやしろ地と言われて高い波動を持つ場所に作ったなどで、神様が住んでいるわけではありません。

それでも、代々その土地に住む人たちが守り存続させてきました。

それらの日本全国の神社が組織化されたのが明治時代。

皇居を組織のトップに置いて、古事記などで既にメジャーな神社などは、一宮などに。
 
一宮は、組織のトップ近くに置かれました。

組織のトップの方に選ばれた神社には、格下の神社からお金が流れて行きました。

その結果、立派な神社とそうでない神社の差が広がっていってしまいました。

パワースポットで有名な神社は、組織のトップの方の神社です。

昨今のパワースポットブームで、たくさんの参拝客が集まり、お金を落とし、どんどん栄えていっています。

パワースポットでも我欲がむき出しの人が集まると効力は無効に??



元々、波動の高い場所であっても、我欲がむき出しの人たちが集まってしまうと、その効力は落ちていきます。

人間の念や意識ほど強いモノはありません

念の強い人は、地球の裏側にいる人でも殺してしまうほどの力があります。人間って本当はそれほど凄いパワーを持っているのです。

そんな我欲をむき出しにした人がたくさん集まってしまったら・・・

想像しただけでぞっとしますね。

気持ちが弱っている状態だと、他人の悪いモノをもらってきてしまう恐れもありますし。

初詣のおすすめの神社は、誰も参拝していないところが大吉



結局、見かけの大きさや人の評判で初詣に参る神社を決めるのはナンセンスですよね。

どこの神社もそう変わりないというカラクリが分かったら、初詣するのはどこでもOKということです。

おすすめの神社はできれば家の近くで、人のあまり参拝していないようなところがベスト。

神社を貸切り状態に!


f:id:mayusachi:20170101115629j:image


私も、今朝8時半頃、近所の神社に参ってきました。

誰も参拝客はおらず、貸し切り状態。

神社特有のキリっとした空気が感じられ、清々しい気が充満している中を静かに歩きました。

そして、お宮の前で一年の誓いを宣言させてもらいました。

目に見えない力との意志の疎通もできたようでとても満足な初詣となりました。

日本全国、こういった、忘れ去られたような神社は点在しています。
 
特に田舎の神社は誰も参拝してませんので、神社にある高い波動をそのままもらうことができるかもしれません。

穴場の神社、ぜひこの機会に開拓して独り占めしてみるのも良いかもしれませんね。

ここまでお読みいただきましてありがとうございます。

あなたの一年がすばらしい一年でありますように!